長岡市の新情報サイト
www.nagaoka-yomiuri.net
  管理用
メニュー

お知らせ

生活情報

リンク

読売新聞 長岡市内専売所
長  岡 32-1565
長岡西部 29-2322
長岡南部 36-8959
宮  内 32-7808
来迎寺  92-6860
栃  尾 52-2446

話題のキーワード

« 1 (2) 3 4 5 ... 164 »
長岡よみうりニュース : ながおか田植えまつり
投稿日時: 2018-5-28 14:50:00 (46 ヒット)

泥んこの感触楽しむ
親子が田植え&サツマイモ苗植え
大騒ぎに「ながおか田植えまつり」

ちびっこが泥に負けず田植作業

 田んぼの泥の感触を楽しみ農業体験をしようと「ながおか田植えまつり」が20日、農の駅あぐらって長岡で開催された。
 この田植えまつりは毎年、農水産政策課が一般市民を募集して行われていて、例年400〜500人の親子が集まるのだが、今年は前日の雨や小学校の運動会などの影響か、例年の半分ほどが参加。それでも多くの親子らがズボンをめくりあげ、やる気まんまんで田植えに臨んだ。
 田植えはあぐらって長岡に隣接する約1000屬療弔鵑椶嚢圓錣譟▲灰轡劵リの苗を植えた。
 「はじめてください」の合図で一斉に田んぼに足を入れる子どもたち。その一歩目から思うように動けずとまどう子どもたち。それらを親たちが熱心に撮影する。
 田植えは人海戦術で進められて行く。田んぼの中を動き回る子どもは、もはや田植えというより泥遊び状態。しかしこれは毎年のことで想定内のこと。
 大騒ぎの田植えの前には、約1000屬領戮糧でサツマイモ苗植えも行われた。
 サツマイモ苗植えの作業は、田植えのように大騒ぎではなかった。
 参加した市民には豚汁のふるまい。また収穫の秋には新米とサツマイモをプレゼントされる。
 青空に恵まれた田植えのこの日、参加親子は木陰でお弁当を食べ、子どもらは田んぼの生きもの探しなどで過ごした。


長岡よみうりニュース : 諏訪神社春季大祭栃尾大名行列
投稿日時: 2018-5-16 14:40:00 (37 ヒット)

神社・武家・公家・庶民混在で行列
600人が扮し300mの長さで
諏訪神社春季大祭栃尾大名行列

 栃尾の諏訪神社春季大祭の「栃尾大名行列」が29日に開催された。
 栃尾の大名行列は、神事の渡御に合わせて大名行列が行われる大変珍しい行列。さらに大名行列でありながら大名(殿様)の姿が無いという不思議。
 殿様づきの「お鷹持ち」や「お弓持ち」(いずれも子どもたちが扮する)や、毛槍を持った奴衆など大名家のほかに、左大臣・右大臣ら公家、また大天狗や烏(からす)天狗、お神輿行列と神官、白丁ら総勢600人の市民が市街地をねり歩くその先頭から最後尾まで実に300mの長さを作る。
 巡行中には所々で奴衆が毛槍さばきを披露したり、自由に動き回る烏天狗は道々の子どもたちに飴のプレゼント。道中には町の住民がテーブルを出し、冷たい水や冷や酒を用意し、行列の人たちをねぎらう。それぞれが皆知り合い同士で会話もはずむ。
 また、大祭前夜には谷内通りにたくさんの露店が並んで賑わった。


長岡よみうりニュース : 平潟神社春季大祭
投稿日時: 2018-5-16 14:40:00 (64 ヒット)

晴天の下神輿神幸が町内ねり歩く
2夜にわたり神楽舞も 平潟神社春季大祭

 平潟神社春季大祭が4月25日〜27日にとり行われた。
 25日は宵宮祭、26日に大祭式、神輿神幸、そして26日と27日の夜に御神楽奉奏、これらは毎年変わることなくとり行われている。
 メーン行事である26日の神輿神幸は、神輿行列が周囲の町内をねり歩く。巡路には町内ごとに冷たい飲みものなどを用意して行列を迎える。
 26日、27日の夜に境内の特設舞台で行われる御神楽奉奏は「長岡神楽会」が出演して伝統舞いを披露する。
 御神楽は神主による「宮清の舞」で始まり、長岡神楽会の子どもたちや大人による「剣の舞」「蝶の舞」などが奉奏された。
 神社周辺は露店がたち、日暮れごろから子どもたちで賑わった。


長岡よみうりニュース : 「ひとのわ・おとのわ」が1日、アオーレ長岡で開かれた
投稿日時: 2018-4-10 13:00:00 (65 ヒット)

楽・笑い・心理療法で認知症予防
3人の専門家が予防プログラム「ひとのわ・おとのわ」

 リラックス笑いの動作と笑いヨガ、これに音楽を加えた生きいきプログラムで介護(認知症)予防を目指す
「ひとのわ・おとのわ」が1日、アオーレ長岡で開かれた。
 笑いヨガと自分でできるリラックス法と音楽の力で楽しみながら認知症予防をめざす「ひとのわ・おとのわ」はそれぞれ専門の3人がチームを組み活動している。
 笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせた「笑いヨガ」を教えるのは木村千枝子さん(介護福祉士、笑いヨガティーチャー)。
 「どれみのチカラ」により脳が活性化する音楽プログラムで笑顔を提供する西片淑子さん(音楽教室主宰)。そして代表の松本妙子さんは医療福祉大、看護医療専門学校などの講師を務め、臨床心理士の笑いヨガリーダー。
 3人のプロフェッショナルが笑い、音楽、心理療法により介護予防を広めている。
 この日の会場には約30人の主として年配者が参加し、演奏音楽が流れる中、大笑いしながら握手したり、大きく体を動かしたりなどを体験した。



長岡よみうりニュース : 雪割草16万株、カタクリ100万株 越後丘陵公園
投稿日時: 2018-4-10 13:00:00 (67 ヒット)

雪割草・カタクリ大群落見頃に
雪割草16万株、カタクリ100万株 越後丘陵公園

 国営越後丘陵公園の里山フィールドミュージアムでは、いま、雪割草とカタクリ、2種類の早春の花の群生が同時に楽しめる。
 雪割草16万株、カタクリ100万株の群生が里山の林に広がり来園者を迎えている。
 雪割草、カタクリとも4月中旬を過ぎると見頃を終える。
※4月より入園料が改定され、大人450円、中学生以下無料
 問47―8001
 越後公園管理センター


« 1 (2) 3 4 5 ... 164 »