長岡市の新情報サイト
www.nagaoka-yomiuri.net
  管理用
メニュー

お知らせ

生活情報

リンク

読売新聞 長岡市内専売所
長  岡 32-1565
長岡西部 29-2322
長岡南部 36-8959
宮  内 32-7808
来迎寺  92-6860
栃  尾 52-2446

話題のキーワード

« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 9 ... 164 »
長岡よみうりニュース : 長岡の地元食材満載で「ながおか野菜クオーレ祭り」
投稿日時: 2017-11-30 16:10:00 (146 ヒット)

地場野菜・加工食品・スイーツ・工芸品
長岡の地元食材満載で「ながおか野菜クオーレ祭り」

 地元産品を使用した特産品、地元産グルメまたスイーツなど、長岡食材の魅力をたっぷりと満喫できる「ながおか野菜クオーレ祭り」が18日、19日の2日間、ハイブ長岡で開催された(長岡商工会議所主催)
 同祭りは新潟県長岡地域振興局、長岡市、長岡野菜ブランド協会、長岡野菜加工研究会らが後援、協力し、地元の野菜を使ったグルメやスイーツ、加工品、またとれたて農産物のほか、工芸品など約100店が出店し、食べる、遊ぶ、体験するの賑わいをみせた。
 農園直送のとれたて野菜や市内の商店、工場、団体の野菜加工品、米菓などとケーキ、まんじゅうなどのスイーツがいろどり満載で店を並べた。また、飲食・グルメコーナーもから揚げ、お好み焼き、丼物、焼きそばなどを連ねて来場市民の食欲を誘っていた。
 一方、市内各地域の工芸品のコーナーには与板刃物、小国和紙、栃尾織物、長岡仏壇などがPR出店した。親子連れらはこれらのブースでミニ工芸品づくりの体験も楽しんだ。
 タニタカフェの野菜スープの無料ふるまい、キッズコーナー、ガラポン抽選コーナーには長い行列ができていた。


長岡よみうりニュース : 人気の癒し系インテリア「苔玉」づくり
投稿日時: 2017-11-30 16:00:00 (146 ヒット)

人気の癒し系インテリア「苔玉」づくり
緑花センター花と緑の教室「こけ玉づくりの楽しみ方」

 四季の変化を感じられる癒し系のインテリア・苔玉をつくってみようと、緑花センターで16日、花と緑の教室「こけ玉づくりの楽しみ方」講座が開かれた。
 苔玉づくりは現在ではすっかり定着していて、毎回の講座では変わらぬ人気がある。
 自宅で自分なりの苔玉をつくれるため、四季ごとに材料を替えて楽しめるのが人気のひとつ。植物の単体でも、寄せ植えふうでも自由自在。
 同講座では、まずは1株の植物だけ植える基礎を学習しようと、ミニシクラメン、ナンテン、リュウノヒゲを材料に苔玉づくりを体験。NPO法人花いっぱい推進協議会のメンバーが手分けして、参加者一人ひとりにやり方を伝授した。



長岡よみうりニュース : 越路もみじ園「もみじまつり」
投稿日時: 2017-11-21 11:10:00 (151 ヒット)

もみじなどがその美しさ魅せる
約4,000屬留狷發砲發澆検∈などが紅葉
越路もみじ園「もみじまつり」

新そばまつり・さつまいもフェアなどイベントも

 長岡屈指の紅葉ポイント・越路「もみじ園」が一年中で一番輝きをみせるこの季節。10月28日〜11月19日、越路もみじまつりが開催された。
 色づきを見せた3日〜5日の連休のうち、3日には「新そばまつり」も開かれ、日本晴れに誘われて最高の人出で賑わった。
 その翌週末の11日、じつは紅葉の見ごろのピークだったが、あいにくの雨が来訪市民を少しがっかりさせた。とはいっても見頃は外せないと、やはり大勢の市民が足を運んだ。
 もみじまつりの期間中は、新そばまつりのほか、さつまいもフェア(11日)園内の巴ケ丘山荘での寄席、茶会、和楽器演奏会などが開かれた。
 また、同園駐車場は例年のようにもみじの茶屋が登場し、あたたかい食べ物や地元の特産品などが売り出され、家族連れらがゆったりとした一日を過ごした。


長岡よみうりニュース : 長岡造形大学生が中心部で「ヤングアート長岡」
投稿日時: 2017-11-21 11:10:00 (213 ヒット)

長岡のまちをアートで楽しく
長岡造形大学生が中心部で「ヤングアート長岡」

 「長岡のまちをアートで楽しく」と、長岡造形大学生が、プロのアーティストとコラボ企画や公開制作、作品展示などで中心部を彩り、市民とコミュニケーションした。
 作品展示などを実施したのは3日〜5日、10日〜12日で、ショップイン大手やプリン長岡(大手通り安達ビル)
 空きブースが目立つショップイン大手の各コーナーを全て使い、制作した小物やオリジナル家具、動くインテリアなど造形大生らしい作品を展示、来場した市民らと様ざまに交流した


長岡よみうりニュース : 雁木通りに糸繰りランプ「とちお夜のランプまつり」
投稿日時: 2017-10-24 11:20:00 (179 ヒット)

「栃尾の街を明るくしたい」の想いを実現
雁木通りに糸繰りランプ「とちお夜のランプまつり」

 「とちお夜のランプまつり」が14日、15日に開催された。
 「栃尾の街を明るくしたい」という同地域の一人の中学生の想いを、地域の仲間たちが実現した祭りで、昨年から引き続き、子どもから大人たちまで総勢1000人以上が作りあげた。
 繊維と雁木の町の特徴を生かし、栃尾産の糸やテキスタイルで装飾された糸繰りランプが雁木通りに並び、栃尾の夜を優しい光で照らし出した。
 同日は広場や通りに飲食屋台がたち、スタンプラリーマップに沿って街を行くと、光のオブジェが迎えてくれる。
 灯りがいっぱいの栃尾の夜を大勢の人たちがそぞろ歩いていた。


« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 9 ... 164 »